GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

僕の周りの緊急事態宣言は、、、

まず結論から書くと「最悪」な状況です。

僕は、都心の範囲内でビジネス街に位置する場所で、店舗を経営する個人事業主です。

音楽とは関係ない業種です。

 

僕もコロナで多大な影響を受けています。

売上げも50%以下になっている状況が続いています。

が、しかし!まだマシな方だと思っています。

規模が小さいので、今まで良い部分も少なかったですが悪い部分も少ないと思ってます。

 

当たり前ですが、規模は大きくなればなるほどマイナスは大きく増幅し期間が長ければ長いほど打撃は強まります。

コロナの噂が世間に広まり、国内で最初に感染者が出たのは2020年1月15日だったそうです。

それから約2ヶ月後の3月上旬に大阪のライヴハウスで店名が公表され、翌月には緊急事態宣言が発令しました。

もう1年以上が経過しています。

 

耐えきれずに倒産した有名な企業も多く、店舗の撤退や業務を大幅に縮小した企業や個人も星の数くらいあるはず。

昨年の冬くらいからは、遠い存在と思っていたコロナも段々と身近なものになり、知り合いレベルでも感染者が出だしてます。

 

僕の周りの街の風景や活気も一変。

特に今年に入ってから、続々と閉店したり移転したりしている。

空き店舗が多すぎるくらい、店舗が空いてます。

場所柄、家賃がすごく安くは無いので仕方ない部分もあります。

持続化給付金や家賃の補助の期限も昨年内で終わったと思いますので、撤退する店舗が後を絶たない模様。

 

今回もやっと飲食店以外の給付金が3月から始まる発表があったが、条件が厳しく更に昨年の持続化給付金の半額以下。

 

言い方は悪いが、小さい規模で「無いよりマシ」、中規模では「全く足しにならない」金額が提示されている。

飲食店でも細かな基準は割愛して、、、基準を守らなく営業すれば罰金30万円らしい。

罰金を払ってでも営業をする店舗も出てきてるらしい。

 

なんか、無茶苦茶な世の中になってきてます。

統一感が全く無い。足並みも揃ってないし、緊張感も無い。

僕は今回の緊急事態宣言中は、休まなくてもいい業種だけど店舗の改装も含めて現在は予約制のみの営業にしてます。

 

このまま行けば、僕も2022年には今の店舗はYouTubeのスタジオになりそうな気配がする(^^;

僕は仕事の継続は可能な状況ですが、とにかく周りの状況が今年に入ってから酷すぎる現実を毎日見てるので、今日は少し音楽と関係は無いですがブログを書いてみました。

 

お世話になっているライヴハウスもスケジュールの確認をしてみると月に一本くらいスケジュールが埋まってるかどうかのような状況。

逆に埋まってても顰蹙(ひんしゅく)かもしれないな、、、

 

僕の力では、何もできないんだけど世間も僕も耐える力が日増しに弱まっている。

ワクチンに頼っている状況で、それはとても大切な頼みの綱。

現実化してコロナが治待ったとしても今後の対策やらなんやらで、コロナ前の状況にはもう2度と戻らないと思う。

 

たとえ戻ったとして「もうマスクも何も必要ありませ〜ん」と言われたとて、少しずつ景気は回復したとしても今の急速な打撃を止めるのは難しいだろうな。

回復よりも打撃の急降下の方が力が圧倒的に強いと思われるから。

 

先立つものが無くて、耐えている店舗が多いと思うけど、その先は借金が追いかけてくる。

耐えるのが良いか?1日も早く見切ってケジメをつけるか?どちらが正しいのかは置かれている状況や蓄えで変わってくると思うが、まだ数年はこの状況が続くと言われているので僕も含めて悩ましい。

 

早く音楽を人前で演奏したいな。。。

 

f:id:GuitarEffectPedals:20210212185713j:plain

 

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス