GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

熱い音楽と熱い楽器

このタイトルだけを読むと、勢いがあって突っ走るような音楽で情熱のこもったロックミュージックを想像したりします?

 

僕の中では根本的に違う事を想像してしまいますd( ̄  ̄)

見た目、サウンド、テンポ、音圧、ジャンルなど色々な事から想像はできるので、どれも音楽に熱を〜というザックリした表現としては”正解”だと思います(^^b

 

 

やっぱり僕の中では、熱い音楽というのはブルースなんだろな〜って思ってます。

魂とか情熱とかブルースって様々な表現や主張があるわけで、そもそもブルースに絶対にギターが必要というわけでもない。

ブルースで一番大切なのは、「言葉」だと僕は理解しています。

見た目の激しさでは無く、「伝える」という直球では楽器は言葉には勝てない!

 

音圧で熱く表現する、速さで熱く表現する、激しく演奏する

顔でギターを弾く人って一番熱く感じますけどね(^^;

間違いないな♪( ´θ`)ノ

 

では、一番熱い楽器はなんでしょうか?

これはやっぱり言葉に変わる楽器と言えば、管楽器でしょ!!

アルトやテナーのサックスなどは熱い!!!

ピアノの上原ひろみさんも熱いなぁ〜

 

テクニックを見せつける演奏よりも、真正面から立ち向かってくるような正統派な演奏の方が迫り来る気迫を僕は感じます٩( 'ω' )و

 

皆さんの思う「熱い音楽と熱い楽器」ってどうでしょうか〜?

f:id:GuitarEffectPedals:20210301171922j:plain

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス