GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

得意なフレーズと不得意なフレーズ

これは楽器だけに限らず、得意不得意っていうのは必ずあるもんだ!

僕は不得意で苦手な事が沢山ある( ̄▽ ̄;)//

 

他の人達からすると簡単な事ができなかったりもするw

きっとその逆もあるはずd( ̄  ̄)

 

ギターで伝えると、不得意なのは「速弾き」とか「テクニカルなプレイ」などのハードな音楽には欠かせないテクニックが全部苦手( ̄▽ ̄;)v

 

パワーコードの表のリズムを刻むのも大の苦手( ;∀;)

一見簡単そうに思える、初心者さんなどが最初に覚えるようなフレーズかもしれない。

 

でもアクセントが裏になる癖が抜けない。

アップのピッキングをデフォルトの弾き方にしてしまってるので、プレーン弦(1~3弦)を鳴らす癖が抜けない( ;∀;)

 

それとアクセントとミュートのタイミングで重さよりも軽さが出てしまうw

でもロックなのです♪( ´θ`)ノ

 

代表的なロックの入口としては、ズンズン刻むところから入るのが馴染みやすいし、やっぱりフレーズとしてもカッコいい(^^b

そこから更に古いロックなどを聴いていくとロックもワンパターンじゃない事がわかる。

 

「表と裏のリズム」「音の強弱」「アクセントとミュート」たったこれだけの組み合わせでほとんどのリフが弾けてしまうような気がする。

ここ数年としては、チューニングが変わったり独自のテクニックが入って更にバリエーションが増えてたりしますが、僕はついていけないかもw

 

ま、結論を言うと単純な作業も1つのテクニックとか表現なわけで、組み合わさって1つの音楽となっていくわけです。

一人のプレイヤーとして出来ることって限られてます。

ので、よく似た感じの曲調になったりも(^^;

バリエーションは広い方がバンドとしては楽しいし見せ方も増えるからね〜

まだまだ勉強しなくちゃいけない事は山ほどあるから音楽は楽しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:GuitarEffectPedals:20210309184231j:plain

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス