GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

表と裏、ダウンとアップの違い

僕はこの感じの話題が本当に多い(^^;

単にこの話が好きなんじゃなくて、とても大切だし当たり前という事を伝えたいだけ〜

 

音楽以外の例も取り上げてみたいと思う。

・学校に登校すれば、自宅に帰宅する

・階段を上がれば、階段を下りる

・INとOUTがある

・前進があれば後退がある

・電源を立ち上げれば電源を切る

書けばキリがないのですがw

なんでも始まりと終わりがあるようなもんで、ギターも右手を振り下ろせば上げないと次に下ろせない。

 

ま、ダウンだけ弾いてアップを弾かない事もあるけどね〜

その逆もありますね、アップだけ弾く事もあります。

 

ではシンプルに表と裏(リズム)の違いや役割、重要性ってなんでしょうか?

 

どちらにしても音を出す作業なので基本は同じだと思います。

しかし、音楽性によって重要視する音楽があったりする。

プレイヤーの方々はどのように使い分けてるのか?

 

僕の感じるギターやベースなど、ダウンストロークは音がハッキリしてて重い感じ。

太い弦から弾くので低音が強調されやすいですね(^^b

逆にアップストロークはシャキシャキした感じで、軽い感じ。

 

この2つの表と裏、ダウンとアップの使い分けは正にセンスだと思います!

単純な事のように思える様な事なんだけど、ヴォーカルに例えると非常に重大さが分かる事なので重要な課題であり、リズムであると思います♪♪

息を吸うと吐くという事です(^^)

f:id:GuitarEffectPedals:20210904060424j:plain

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス