GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

グルーヴって出すものなのか?

なんか疑問文のようなタイトルになってしまってますが、僕の中では答えは簡単^^

 

グルーヴは出すもんじゃなくて、出てくるもの。

自分の個性から自然に出てくるもの。

マチュアがプロのアーティストに憧れて、コピーやカヴァーなどしてるうちにアーティストのノリが再現できてる事もあるかもしれない。

しかし、それもそのプレーヤーの個性でありグルーヴ!

 

同じ人生を歩んでるわけじゃないし、海外のアーティストだったらお国柄や血も違う、気候も違うしルールも違う、いっぱいあるw

 

グルーヴは湧き出るもの(^^b

ただそれは、人の好みと同じで全てのグルーヴが受け入れられるわけじゃない。

 

この人のドラムはなんとなく好きだけど、この人のドラムはなんか好きになれない。

ような漠然とした事かもしれないけど、それは人によって男前の基準や美人の基準が違うのと同じ〜

 

音楽性の好みもあるので、人それぞれだ^^

 

勝手にグルーヴは発生するものではあるけど、それが利用できてる人とできていない人、必要としない人もいる。

それもまたグルーヴだったりするんだけど、使わない知らないのは勿体無いw

といつも他のミュージシャンの音楽を聴いたり話したりすると感じます。

 

それとバンドのような複数人になると、全員が個性を出しすぎて上手く行く時と上手く行かない時もある(^^;

この人は突っ込む、この人はため過ぎなど音の落とし所が安定しない場合がアマチュアバンドには多くみられる。

 

身についたものとして、中々修正するのは難しいんだけど、模索しながら気持ちの良いリズムをバンドのカラーとして探すのも醍醐味の1つ。

僕のバンドは、毎回のリハーサルではそんな事ばっかりで、もう13年ww

 

今日はいつも聴いているいろんな音源を久しく聴いてみたりして、ふと感じたことを書いてみました♪♪

f:id:GuitarEffectPedals:20211122190402j:plain

 

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス