GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

今さら聞けない〜弦のサイズの違い〜

ギターには弦が張ってるのは、ご存知ですね?( ̄◇ ̄;)w

そうです!ギターは弦楽器なんですw

しかも6本も張ってあるので大変(・・;)なのか?

 

これくらいにして、、、

今日は、僕もあまり詳しくはないのですが、弦の太さの違いについて初心者の方と楽器演奏をされない方にいつもの例え話を入れて書いてみようと思います(^^b

 

昨今、ハード系の音楽にはなんて言うジャンルでしょうか?

基本チューニングからかなりドロップしたチューニングが流行ってまして、、、

更に多弦ギター(7弦や8弦)も当たり前のように出回ってきてます!

さぁ大変です、、、逃げたいです((((((゚д゚;ノ)ノ

 

少しギターから離れて考えてみたいと思います。

はい、今から輪ゴムを手にしてみて下さいw

ゆっくり広げてみましょう。

引っ張りが弱いと、ゴムは撓(たわ)みます。

逆にいっぱい引っ張ると、ゴムはピント張りつめます!

しかもよく聴くと、、、小さい音で「ビ〜ン」と鳴ったような感じがします。

 

引っ張った線状のものを引っ張れば引っ張るほど、音が出ます。

 

次に太い輪ゴムを手にしましょう(^^;

ゴムの大小に関わらず、普通の輪ゴムよりも低い「ビ〜ン」になります。

これがベース弦的なイメージです。

 

と言う事は、、、

ギターに話を戻すと、6本の弦は1弦(細い)〜6弦(太い)になるのですが、1弦の方がピンと張りつめていると言う事です(^^b

逆に6弦側の方が撓んでるという事になります。

 

と言う事は、、、

太い弦の方が、音が「ビヨヨ〜ン」と揺れが激しいのです!

 

と言う事は、、、

揺れの収まりが悪いので、チューニングが合わせにくいとも考えられます。

*若干の僕の思い込みですが、概ね当たってるとw

 

と言う事は、、、

張りつめてる弦の方が張力が強くて細い弦なので、切れやすいと言う事になります。

実際、ベース弦って切れにくいです。←これは当たってるハズw

 

と言う事は、、、

冒頭に書いた多弦ギターやドロップチューニング(基本のチューニングよりもダウンチューニングした状態)と言うのは、そりゃもう「ベロンベロン」状態なわけですヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

 

と言う事で、昨今はギターの太〜い弦が発売されたりするのです♪♪

需要の関係で、多弦ギター弦や太い弦は値段が少し高かったりしますが、これは仕方がない( ;∀;)

 

後、余談ですが、、、

ギターの形によってスケール(ギターの長さ)が違ってきます。

スケールが長いギター(ロングスケール)はギターとしては基準になりますが、レギュラーゲージの中でも比較的細い弦を張る傾向があります。

 

無理に太いのを張るとギターのネックに負荷がかかり過ぎて反ってしまうことも。

 

ミディアムスケールやショートスケールのギターになるほど、レギュラーゲージの中でも太いゲージを張る場合があります。

*例外もありますので、長い=細い、短い=太いが正解と言うわけではありません。

 

感覚の問題や手の馴染みにもよりますので、色々と試してみましょう(*´▽`*)ゞ らじゃ♪

 

理科の実験室みたいなブログになってしまったww

f:id:GuitarEffectPedals:20201015183228j:plain

- GuitarEffectPedals -

Hatena blog

https://www.guitareffectpedals.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/guitareffect.pedals/

twitter

https://twitter.com/guitareffectpe1

よけしればフォローの方、よろしくお願い致しますm(_ _m

サウンドハウス