GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

レコーディングの楽曲の凄さ!

以前にも何度かこのブログで僕は、ライヴ音源よりレコーディング音源の方が好きと書いた事を覚えてますか〜?

誰も覚えてないと思うけどぉ〜( ;∀;)

 

僕のスタジオレコーディングの音楽の聴き方を伝授したいと思います(^^b

内緒やで〜w

 

よく有りがちなのが、ギタリスト1人のバンドの場合、ギターソロの時にスタジオレコーディングの場合はバッキングがあったりする。

ライヴの時は、サウンドが薄くなりがちになってしまう事はよくあること!

その代わりとして、ライヴは迫力があるし、なんと言ってもスリルがある♪( ´θ`)ノ

 

では、ライヴよりもレコーディングでバッキングを加えただけで、良くなるものか?

そこが聴きどころではなーいw

 

僕が訴えたい聴きどころは、「低音」です♪♪

耳を澄ませてよ〜〜く聴くと、何か低音が入っている事が多いです。

楽器のベースの音ではなく、何かしら聞こえない程度に「ん〜」とか「う〜」とかw

 

ベースの音の更に1オクターブ下の低域だと思います。

そこまで下がるとデジタルおんになってしまうと思いますが、とても大切な部分でアマチュアバンドのレコーディング音源との音圧の差に繋がってきます。

 

全ての音源とは言いませんが、人数が少ないバンドなんかの場合はペラペラになりがちなので、その手法を使ったりする場合があります。

ハード系の場合は、ドライヴが強すぎて音の隙間が埋まってしまう場合があります。

 

僕も含め、アマチュアの方でレコーディング経験があって、「なんで自分のバンドの音源がペラペラなんだろ?」って思ったことありませんか?

意外にもそんな音が潜んでたりしますよ〜

 

本当は入れない方がスッキリ感があっていいんだけど、僕はそういうオクターヴ低い低音の音を聴くのが大好きです(^^v

 

結構身近な音源にあったりもするので、よ〜く聴いてみて下さいね!内緒やでw

f:id:GuitarEffectPedals:20210210190707j:plain

  - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス