GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

良いフレーズ、悪いフレーズ

これは人によって感じ方が違うので、なんとも言い難い事なんだけど僕の経験上からの見解として、少し偏りはあると思いますが書いてみようと思います(^^b

 

複雑なフレーズやアンサンブルを演奏するバンドって難易度にもよりますが、多少フレーズの内容が悪くても音楽の流れ的にハマっていればカッコ良い!

 

逆に難しいフレーズを用意して弾けてないのは、少しイタい感じがします(><;)

僕は以前にもこのブログで書いているように演奏はオリジナルです。

以前メンバーで「フレーズを作ってきた!」と言ってネタをくれるメンバーがいたんだけど、かなり使いにくかった、、、

 

全然難しいフレーズではないのですが、音を辿っていくと音の配列が微妙(練習の手癖らしきフレーズ)だったり、作ったフレーズが既に弾けてなかったりと、、、

 

一番気になる点としては、歌と同じでやはりフレーズにも「呼吸」が必要だということ♪♪

やたらと音を詰め込んでくるのは、音の間(ま)が無くて演奏に余裕が感じられない部分があったりしました。

 

音を詰め込むのは全然悪い事では無く、むしろカッコいい部分でもあります!

しかし使い方を間違えると、、、( ̄▽ ̄;)

音の流れや区切りというか、朗読を同じテンポで読み続けるみたいな感じ?

しかも旋律の起伏が少し微妙だったり(^^;

 

どこでどんなフレーズを弾くのか?それが自然が不自然か?

自分自身の中で湧いて出てきたフレーズなのか、意図的なフレーズなのか?

色々とその一瞬の0.000何秒の瞬間に手が動いた時にセンスが発揮されたりします!

それは今までの培った結果であり、身につけた喋り方でもあるワケです^^

 

僕もまだまだダメダメな部類のギタリストですが、この部分って日々の会話の喋り方と同じでギターで何を喋流のか?イントネーションが少し違うのもユニークです☆

 

やはり良いフレーズというのは、その楽曲を豊にしてカッコ良く仕上げるものです。

単純なフレーズの方が印象に残ってヒットしやすいしね〜

それは、ギターだけでは無くベースもドラムも!

僕は日々、そんなバンドを目指して曲を作りながら2つもバンドを頑張ってマース!

という、ブログでした( ´ ▽ ` )/

f:id:GuitarEffectPedals:20200904195914j:plain

- GuitarEffectPedals -

Hatena blog

https://www.guitareffectpedals.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/guitareffect.pedals/

twitter

https://twitter.com/guitareffectpe1

よけしればフォローの方、よろしくお願い致しますm(_ _m

サウンドハウス