GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

Mike Stern Bob Berg Band - live at the china club 1991

今日のこのブログを書くに当たって過去のブログをチェックをしてたら、、、

僕の好きな動画を紹介するコーナー"Addiction"のVol.01でこの動画を2021,3.26に紹介してた( ̄▽ ̄;)v

本日より新コーナー”Addiction” - GuitarEffectPedals blog

↑このタイトルにしてたので、気付かなかったのですw

よかったら読んでみて〜

 

更にこのブログの書き始めの2020,02.18にも書いてます!

お気に入り動画 - GuitarEffectPedals blog

 

と言うことで、この動画好きすぎるので昨日の流れで今日も書きます(^^b

www.youtube.com

まずこの動画に出会ったのはリアルタイムでは無く、当時楽器店で働いていた時に目上の同僚から借りたビデオでした。

見た瞬間にぶっ飛んだ記憶があります( ̄▽ ̄;)//

 

世間的には、ギターのマイク・スターンとドラムのデニス・チェインバースはとても有名でありながらまだ若かった僕は知りませんでした(^^;

しかし、元々ジャズ好きの父親の影響でギターを始めた事もあり、演奏はモンスター級なので理解は出来なかったけど受け入れは早かった。

 

地味なプレイながら煽るプレイをしているベースのリンカン・ゴーインズがいるから成り立っている編成のバンドなんだと思った記憶もある。

マイク・スターンは珍しくサックスとの4人編成がメンバーチェンジをしても今でも続いているスタイル。

サックスとのユニゾンがとても多く、アンサンブルを多用した演奏が目立ちます。

個々のソロタイムはエグいくらい弾きまくりで、1曲をバランスよく解決しています。

 

ゴリ押し感の魅せるプレイのイメージがありますが、メロディラインやコード感をとても大切にしてるマイク・スターン。

鍵盤の代わりもギターで全て補っているのが超絶です!!

バッキングが天才的だと思います〜

 

サックスのボブ・バーグはやはり単音楽器だけあって、ソロがカッコよすぎます(^^v

フレーズの内容は勿論の事、各フレーズの入り方が鋭い!

昨日のブログにも書きましたが、裏のリズムの取り方というかフレーズの入れ方がヤバいです〜ドキドキさせられます。

凄い肺活量だと思うなぁ〜(^^;;

 

僕の生涯の動画10選の中の一作品を改めて紹介しました♡

f:id:GuitarEffectPedals:20210901014518j:plain

 

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス