GuitarEffectPedals blog

Stratocaster & LesPaul 歪みエフェクターレビューブログ♪♪

色々なジャンルと学び

世の中には様々なジャンルがあります。

学生時代なんかは、よく体育会系と文化系に分類もされたもんです。

実際は、個人の趣味や将来を目指す選択肢や特技など、体育会系と文化系では内容は真逆だったりもしますけど、そこが後の個性の発揮に繋がったり〜

 

さて、このタイトルの意味は何か?について書いてみたいと思います。

あくまで僕のブログなので、ギターを中心に書いてみまーす♪♪

 

当たり前の事ですが、音楽はスポーツの世界と違って「得点」や「タイム」などのストップウォッチの世界の中で「戦ってる」わけでも無く、「勝ち負け」の中で競ってるわけでもないです。

 

いろんな解釈はあると思いますが、音楽って「伝える」とか「表現」とかの分野に属するもので、比較されるものではなさそうです。

 

メインテーマの中身に入ろうと思います(^^b

では、逆に共通点ってあるんだろうか?

なんかHow Toブログやん( ̄▽ ̄;)w

 

上記のように、スポーツの世界では競技によって身に付けなければならない事は必ず身につける中で、身に付ける必要のないものもあると思います。

 

短距離走者にガリガリは少なく、長距離奏者にムキムキなマッチョも少ない。

ギターも同じで、、、

・異例はあるとしてフォークシンガーに速弾きは求めない。

・ジャズギターにフォークのコード進行や内容も求めない。

・クラッシックギター奏者にチョーキングは求めない。

などなど、、、w

逆にあったとしたら、斬新である!と同時にウケないだろうなぁ〜w

 

弾くギターと聴く音楽って違う事もある!僕は典型的です(^^;

聴く音楽しか弾かないとなれば、それは僕からすると、とても残念な事と思ってしまいます( ;∀;)

 

ギターもジャンルによって要求されないテクニックもあり、要求されるテクニックもあったりします。

ギター以外のパートでも同じ事が言えますね〜

 

スポーツの世界も芸術の世界もなんでも出来れば素晴らしのかもしれませんが、全てを身に付けることで逆効果もあったりするので、気をつけた方がいい場合もありますね(^^b

 

オチのないブログになってしまいましたが、スポーツと音楽って全然違うけど、その他のジャンルも含めて一連の流れや学びに関しては比較的似てる部分も多いかと思いました。

 

いろんな仕事をやってきた人、これ一本でやってきた人、何もしなかった人など、様々だから新しいものも生まれてくるですね〜

僕は音楽の選択肢でよかったのか!?( ̄▽ ̄;)w

ん〜深いww

f:id:GuitarEffectPedals:20210215184857j:plain

 

 - GuitarEffectPedals -

サウンドハウス